Moto Guzzi V85 Concept

うぉ!カッコイイ!!!
b0276982_20532543.png
b0276982_20545204.png
勿論コンセプトマシンなので、このまま発売されるわけではないと思いますが、かなりの完成度です。
EICMAでのウォークアラウンドな動画もありました。(ナニ言ってるかさっぱり判らんけどw)

このまま発売されないかなぁ~~
120万円くらいで!!←絶対無理www
多分V9 ROAMER等と同じ853ccエンジンでフレームや外装を新設計なので、もし日本で販売されるなら最低でも150万ほどになるのでは?
でも、欲しい…




[PR]
# by Heuristiks | 2017-11-12 20:55 | Moto other | Comments(0)

試乗:XSR700

b0276982_13580918.jpg
11月6日に発売されたばかりのXSR700に試乗してきました。

◆デザイン
b0276982_13590002.jpg
画像で見るとエンジン高が悪さをして、エキパイ下からタンク上部までが厚く嵩高な感じで、まとまりがいまひとつの印象を持っていたのですが、現物を見る限り、そこまでの違和感はありませんでした。

ライトケースが長い意味がよく判りません。(ナンで普通のライトにしなかったんだろう?)
b0276982_14014092.jpg
そして、懸案のイグニッションとメーターの位置ですが、やはり違和感が。
b0276982_14020942.jpg
乗車時の視点からみるとこんな感じ。
エンジンスタートをしようとしても、鍵穴が見えないので姿勢を変えないとキーを指せない。
なんだかね…
Youtubeなどを見ると、イグニッションの向こう側にメーターを移設した車両が何台も見られるので、同様に思う人は多いのでしょう。
例えばこちらとか。(ハンドルバーがヤンチャすぎるけどww)
b0276982_19212733.png
こちらの方がスマートな感じですね。
b0276982_20085408.png
長いライトケース上のスペースを生かしたナイスアイデアだと思います。

ここまで動かさなくても、マスターシリンダー横ぐらいまで、XSR900+α程度はオフセットさせたいなぁ。
b0276982_21105299.jpg
もしくはドカのCafe Racerの様なまとめ具合。
b0276982_21104431.jpg

◆ポジション
足つきはいつものAvirexで両の踵がギリギリ着かない。片足なら余裕のベタ足です。
シート高(835mm)からすると足つきはよくありません。シート形状のせいかなぁ?
兎も角、車体が軽いので不安はありません。
シート高が835mmとやや高めのため膝が痛くなることはないでしょう。
ハンドルバーは若干広めですが、随分手前にあるので特に辛いことはなく。
お陰でハンドル操作が楽ではあります。
個人的にはもう少し狭く、遠めの方が好みですが。
ステップ位置は可もなく不可もなく。
ハンドル位置から勘案するとやや前にあるかなぁ~って感じです。
この辺は個人的趣味の範囲ですね。
そして、シートはXSR900程ではないですがやや硬め。更にチノパンだと滑る。ちょっと落ち着かない。
もう少ししっとりした感じだと良いんですけどねぇ~

全体的にゆったりとしたポジションです。目線がやや高めなので、見通しが良くて運転に余裕が出来ると思います。

◆エンジン
スタートからいつもの調子でクラッチを繋ぐと"ドンッ"!!。
これはMT-07に初めて乗った時も同じでした。
これはドン付きではなく、Red85よりも極低回転域でのトルクが大きいためではないかと思います。
排気量はほぼ同じですが、ツインとトリプル、出力特性が違うのは当然です。
この違いは、オーナーになれば一両日中にアジャストできると思います。

低回転域からドリュドリュドリュとパラツインと言うよりVツインチックな雰囲気です。
排気音も同様。
270度クランクだから当然と言えば当然ですが。
国産車の割に音が大きいかな…と言う印象ですが、平成28年規制(Euro4準拠)はそれ以前の騒音規制よりも若干緩い印象ですから、このように感じるのかもしれません。
味わいと言うには大げさすぎる気もしますが、フィーリングは悪くありません。
MT-07がどうだったか今ひとつ覚えてません。もっとも以前試乗した時から排ガス規制が変わっていますから、エンジンの味付けは変わっているでしょう。

このエンジン、3000~4000rpmと低回転域で流すのが楽しそうです。
なお、2速でガバッと開けてみましたが、回転上昇はそれ程早いものではなく、車両の加速もそれと同様に然程でもなく。
速さを求めるバイクではないと判っていますが、高速道路等での緊急回避を考えるともう少しパワーがあってもな…と思わんでもないです。
実際に速く走ろうと思えば走れると思いますが、個人的には敢えて余裕をもってゆったり走るのが合ってるのではないかと思います。

◆ハンドリング&足回り
10分程度、市街地を数キロ走っただけですから、詳細を知りようもないですが…
交差点をちょっと早めに曲がったところ、フロントはスッと舵角が付く割にそこからフロントタイヤのグリップでグイグイと曲がるタイプではなく、アクセルを開けることでリアタイヤでフロントを押すように向きを変える、ちょっと昔のヤマハチックなハンドリングの様な気がします。
Uターンもしてみましたが広いハンドルのお陰もあってか、非常にターンしやすい。
市街地や狭い県道等を走るのに向いた特性の様な気がします。
試乗で一般道制限速度以上を出せる訳もないので、それ以上の速度でどのような挙動を示すか不明ですが、この特性のまま120km/h程度で走れるなら非常に楽しいバイクだと思います。

ブレーキはフロントがモノブロック4ポットが2枚ですから、かなり宜しい感じです。
b0276982_14234607.jpg
しかし、クリアランスがギリギリ。
転倒して少しでもホイールがズレたらブレーキキャリパーでスポークを削ることになりそうです。
倒立フォークならもう少し余裕があるんでしょうけどね。

前後サスの程度は判りませんが、特に違和感はありませんでした。
市街地で不満が有る様なバイクをヤマハが出す訳もありませんねwww

◆総括
低中速域をメインとしたバイクかな。
ポジションを考慮すると高速道路を延々と走るバイクではないことは確かです。
下道ツーリングが楽しそうです。シートも荷物を積みやすそうだし。
街乗り中心ならメーターをイグニッションの前(ライトの上)に移設、ハンドルバーをもう少し狭く低いものに交換し、カフェスタイルを楽しみたいと思います。
そうすると、ステップが窮屈になるかもしれないけど。

現行MT-07との価格差は税込みで14万ほど。
MT-07は2018モデルで以下を変更しているので多少はお値段は上がるでしょう。(日本でのお値段はまだ公表されていない)
 ・サスペンションセッティング
 ・ライディングポジション
 ・デザイン
 ・ヘッドライト
 ・テールランプ
 ・シート
特に評判の悪かったポジションとシートが改善された模様なので、デザイン的に問題がなければお安いだろう2018MT-07にするの方が良いかもしれません。
タンク容量も増えてますしね!
(レトロ風味は一切ないですがw)

また、Red85と比較すると主に高回転域でパンチが足りないのは確かです。
車両の目指すところが違うのだから当然ですが、バイク乗りとしてはちょっと物足りない気もします。
Red85だって低速は十分以上にありますから。(Red85は低回転域がモソモソとして味気ない…)

実はXSR700は乗り換え最右翼だったのですが、メーターとイグニッションの位置と中高回転域のもうひとつパンチの無さを考えると、候補からは外した方が良さそうです。
V7 Cafeからなら乗り換え候補になったかもしれませんが。
それを考えると、Red85は滅茶滅茶いいバイクなんだな!
ミドルクラスではCBR650F/CB650F、MT-07/XSR700、SV6500/X等がありますが、旧ストトリはこれらに全然負けてない。
と言うか、寧ろ良く出来てると思います。(SV650には乗ったことないけどw)



それからこれは試乗には全然関係ないことですけど…
試乗後Red85を見てみるとタンクキャップのヒンジが上げられてました。
勿論、ボクが下りた時にはそんなことになっている訳もなく。
この店のロケーションから、通行人が触る様なことはなく、明らかに店員がイジってます。
他人のバイクを店員が許可なく勝手にイジル。有り得ない。
以前もこの店で試乗した時も色々とおかしなことがありましたが、やはり程度は宜しくないようです。
ナニがあってもこの店でお金を使う事はないでしょう。


[PR]
# by Heuristiks | 2017-11-12 14:40 | Moto Test Ride | Comments(0)

復刊

11月3日文化の日に文化的なことをしようと久しぶりに書店に寄ったら違和感のある雑誌を見つけました。
2009年6月号をもって休刊と言う名の廃刊になったバイク雑誌『Clubman』!
b0276982_13113993.jpg
パラパラッと中身を確認したけど、特に目を惹く様な記事はありませんでした。
だから、レジに持って行くことはなくそのまま帰宅。
しかし、復刊号だけは買った方がいいかも?と家に帰ってから思ったり。
一度休刊した雑誌が再、び日の目を見るなどと言う事は、滅多にあるものではありませんから。

で、先ほど届きました。
b0276982_13132300.jpg
思い起こせば、ボクが最初にClubmanを手に取ったのVol.69『60万円でエンスージアスト Part3』だったかと。
元々懐古趣味的な性分だったのですが、この雑誌に影響されて更に程度が悪化したのは確かです。
6年くらいは毎月24日に書店に買いに行くほど、熱心な読者でした。
でも、いつの頃か企画のマンネリ化、そして押しつけがましい記事が多くなり、嫌気が差して別冊MCにシフトしたのでした。
そして気付いたらClubmanは休刊となってました。出版元のネコパブリッシングも。
もっとも、乗り換えたその別冊MCも2015年に休刊(と言う名の廃刊)になりましたが…

それはさておき、ページをめくると紛う事なくClubmanでした。
小野カツジ氏ではなく、クラキンや後藤武さんがメインだった頃の。
写真は綺麗だけど、最近のトラディショナル系バイク雑誌は概ねこんな感じですから、然程懐かしさも斬新さも感じず。
更に誤字の多さも相変わらず。
バイク雑誌は関わる人が少人数すぎるのか、校正がきちんとなされていないのが一般的ですが、Clubmanは群を抜いてました。
復刊してもそれは不変のようです。

次号は来年1月だそうですが、買うかどうかは…


[PR]
# by Heuristiks | 2017-11-05 13:28 | Moto other | Comments(0)

Z900RS

本日発表されました、Z900RS

b0276982_22011386.jpg
キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ(いわゆる"火の玉"タンク)が1,328,400円、メタリックスパークブラックが1,296,000円。(共に税込)
装備的にはほぼ同じで、排気量が大きいZ1000が1,150,200円(税込)であることを考えると、割高な気がします。
プレスリリース等によるとベースのZ900とフレーム形状は似ているものの新設計であること等がこの価格なのかもしれません。
勿論少々高くても売れるだろうとの目論見もあるのでしょう。

個人的にはリアサスがツインからモノショックになったため、リアタイヤとリアカウル&フェンダー間の盛大な隙間が気になって仕方ありません。
デザイン的にもう少しうまく処理してくれれば…という気持ちでイッパイです。

b0276982_22135793.gif
また、日本仕様の標準シートはローシートで欧米仕様と30mmもの差があります。
この手のデザインのバイクでシートのアンコが削られていると、品のない改造車の様に見えて宜しくありませんね。
※上記GIFは個人的ブログさんより借用いたしました。

ともかく、実車を見て、試乗してみなければ判りません。
12/1販売開始ですので、何処かで試乗車が出たら乗りに行くとしましょう。
と言っても、超絶人気車でしょうから、試乗車などあるのか…
それ以前に跨らせてくれるのか…

まあ、発売まで待ちましょう。






にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by Heuristiks | 2017-10-25 22:19 | Moto other | Comments(0)

Scrambler CAFÉ RACER

ドカの新型、Scrambler CAFÉ RACERをいつものディーラーで見てきました。


b0276982_13322857.jpg
物凄く、と言う訳ではないですが、カッコイイです。
スクランブラーと共通パーツも多い筈ですが、カラーリングと相まって専用設計かと思うほどシックリと収まっていて好感が持てます。
b0276982_13323963.jpg
リア回りも破綻なし。
b0276982_13332090.jpg
乗車時に近づくイメージで撮影してみましたが、この角度も結構イイ!
b0276982_13333250.jpg
メーター周りはシンプル。
スクランブラーはハンドルからケーブルがビョ~ンと伸びててカッコ悪かったですが、カフェではハンドルが低いお陰でそれがなく、シンプル感が増してイイ感じになってます。
b0276982_13334342.jpg
シートやサイドカウルの雰囲気も良いですね。
サイドプレートに切り欠きがあるのはリアサスへのアクセスを容易にするためだと思います。
b0276982_13335151.jpg
足つきは両足べったり。(ブーツはいつものAvirex)
ステップの前側に足が出ます。
b0276982_13335787.jpg
ポジションはご覧の通り。
トップブリッジ下にクリップオンされていますが、ハンドルバーはトップブリッジよりも上にあるので、深い前傾になることはありません。
ステップ位置もこんなものでしょう。
リアバンクのエキパイ、熱そうです。実際に走ってみないと判りませんが。

さて、このCAFÉ RACER、この店では全然売れてないそうです。
販売開始前は問い合わせはかなりあったそうですが、入荷から1箇月半経過しても1台も売れてないそうです。

個人的にはスクランブラーシリーズの中では最も纏まりが良く、カッコイイと思います。
135万円(税込)とスペックや装備を考慮すると割高なのは否めません。
ドカティブランドを差し引いても、やはり高い。
乗り出しで150万円近く支払って乗りたいかと言われると。。。
乗り出しで130万円が上限でしょうか。

2016年モデルですが、スクランブラーシリーズのFlat Track Pro(Racing Yellow)が1,150,000円(税込)、Urban Enduro(Wild Green)が1,050,000円(税込)と20万円も値下げ販売されています。(他モデルも結構値下げされてますがw)
スクランブラーシリーズはトライアンフで言うと、900㏄のボンネシリーズと直接競合しますが、少し割高に感じられるトライアンフよりも更に高め。
同じカフェモデルのストリートカップは120万と15万も安いんですよね。(そのストリートカップすらちょい割高に感じるってのに…)
スクランブラーはタイ生産なので、もう少し価格を下げる努力をしてほしい所です。(トライアンフもだけど)
そして、国産同クラスのXSR700/900が乗り出し90~100万程度であることを考えるとナオサラ。。。
今月の東京モーターショーで発表されるZ900RSがいくらになるかは判りませんが、130万なんてことは絶対にないでしょうしね。

試乗車が出たら乗ってみたいと思います。

本日は以上です!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by Heuristiks | 2017-10-09 13:59 | Moto other | Comments(0)

スポーツヘリテイジ

遂にXSR700が国内販売されます。
b0276982_18522091.jpg
欧州での販売開始から約2年以上、長かった…
11月6日、販売開始です。
価格は899,640円(税込)とMT07の760,320円(税込)から14万円ものアップです。
税込で85万くらいだと思っていたので、少し高いかな…と言うのが正直な感想です。

さて、気になるカラーリングですが。。。
恐らくこちらがメインカラーのマットグレーメタリック3(マットグレー)
b0276982_18210422.jpg
ダルレッドメタリックD(レッド)
b0276982_18210469.jpg
個人的には赤かな。

特徴はこちら。
b0276982_18172629.jpg
シート高が835mmと若干高めなこと以外はクラス標準と言った装備でしょうか。

しかし、このメーター(XSR900と共通?)位置は受け付けん…
b0276982_18423907.jpg
ハンドルバーの向こうに置いた方がライトとのバランスも取れて良いだろうに…
なんでハンドルバーの直上に置くんやろか…

b0276982_07341137.jpg
シート後端とシートレールの隙間、気になります。
テールライト(これまたXSR900と共通?)との兼ね合いもあるんだろうけど、なんでこんな中途半端なんだろう?
SRみたいにシートカウル付けても良かったんじゃなかろうか?

それは兎も角、エンジンとフレームはMT07と共通なので基本的なテイストは同じでしょう。
試乗車が出れば、乗りに行きます。
恐らく隣町のYSPで11月中には出ると思うので、それまではトヤカク言うのはおいときます。


また、同じ11月6日にXSR900もマイナーチェンジです。
b0276982_18473553.jpg
ナカナカ綺麗な赤です。

フィーチャーポイントはこちら。
b0276982_18353763.jpg
カラーリング以外は変更はないのでしょうか?
(風のウワサではFサスのセッティングが変わったとのことだけど、本当のところは判りません)
今年、MT09に採用されたクイック・シフト・システム(QSS)は採用されると思ってたんですけどねぇ。
あのクソ堅いシートは改善されたのでしょうか?
早めに現物を見たいところです。

[PR]
# by Heuristiks | 2017-10-05 18:53 | Moto other | Comments(0)

ネオ・クラシック

新型V7Ⅲ Racerのインプレが出てました。
外見は従来通りのV7 Racerです。メッキタンク出ないのは良いですね。
シートは従前どおり本革でしょうか。
雨天時を考えれば、合皮にしてほしいところですね。


V7ⅢのエンジンはV9ベースだそうです。
排気量(744cc)もボアストローク(80mm×74mm)も変更がないので、てっきりV7Ⅱからヘッド周りデザインを変更しただけだと思ってました。
それだったら、V9 Racerで出してくれって気もしますが、そうすると『V7』ブランドが無くなり、訴求力が落ちるので仕方ないですね。

佐川氏のインプレによると「クセ」が少なくなって、味わいが若干薄れたそうです。
まあ、Euro4対応を考えれば、ガスはかなりリーンだろうし、想像できる範囲なのでしょうけど。
でも、トライアンフの水冷ボンネビルが思った以上に味わいを出しているので、同価格帯であることを考えると、ちょっと残念かもしれません。
もっとも、自分で試してみたくても、試乗車がないので本当のところは判りません。
(いつものディーラーがピアジオグループの取り扱い辞めちゃったからね…)

ボクが乗っていた40ps仕様の初期型V7シリーズはメンテも大変だし、信頼性も今ひとつでした。
(パンクは仕方ないとしてもね…)

初期型から10年近く経過した『Ⅲ』になって信頼性は向上したのでしょうか?
壊れるのも味の内とか言う余裕は今のボクにはないですから。
(信頼性がどうであれ、試乗できない外車は絶対に買わないですけどね)

一度は試乗してみたいバイクです。
ノーマルのV7Ⅲでもイイんですが…

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by Heuristiks | 2017-09-24 22:25 | V7 Café classic | Comments(0)

山坂道を駆け足

弊社は7~9月の3箇月の間に計5日の夏休みがあります。
この5日を各人が任意で取得します。
ボクは今日がその5日めでした。

そう言えば、最後にRed85に乗ったのが3週間前。
と言う事でRed85で軽く流してきました。

平日なので、ガラガラと言って良いほど道が空いてます。
1時間ちょっとで、いつもの道の駅。
b0276982_17594229.jpg
空模様が若干怪しめですが、予報では今日は降らないと言ってました。大丈夫でしょう!
b0276982_17594364.jpg
入ってません。
風呂ってあまり好きじゃないんです。
普段はシャワーのみです。
b0276982_17594309.jpg
道の駅では地元の産物を販売してますが、荏胡麻も採れるんですかね?
健康に良さそうですが、ボクはふりかけがあんまり好きじゃないのでパスですw
他に荏胡麻かりんとうってのもありました。

30分ほど走ってもう一つの道の駅へ。
b0276982_17594311.jpg
水車グルグル…
回るものを見るとなんとなく癒されるんですよねww
b0276982_17594401.jpg
ぼーっと見つめてる内に、空がドンドン暗くなっていく…
b0276982_17594343.jpg
予報では大丈夫って言ってたけど、山の天気は変わりやすいって言うので、さっさと帰ることにします。
しかし、走り出すと直ぐに雨が…
幸いなことに雨足は非常に弱く、ボクの身体が濡れることは然程ありませんでした。
だがしかし、路面はすっかり濡れてました。
濡れた路面は非常に久しぶりなので、かなり『おっかなびっくり』走ってました。
余りのおっかなびっくりぶりに、後ろを走っていたビューエル ファイヤーボルトXB12Rに物凄い勢いでブチ抜かれてしまいましたorz

山を降りて、市街地に戻ってみると全く降った後がない。
うーん、山の中だけだったか…

自宅駐輪場にバイクを置いたら、足回りを中心に結構汚れていたので、カバーを掛ける前に軽く水拭きだけしときました。

本日の走行距離は150kmほど。
あっ、ガソリン入れて帰ってくればよかったよ!!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ トライアンフへ
にほんブログ村
[PR]
# by Heuristiks | 2017-09-11 18:17 | Street Triple 85 | Comments(0)

青い鳥と火の玉カラー

一定年齢以上のバイク乗りなら確実に読んでる2作。
それが『バリバリ伝説』と『あいつとララバイ』

ボクはバリ伝の方が好きですが、あいつとララバイも当然大好きです。
あいつとララバイの中では『首都高の青い鳥編』が最も好きです。
キングの青いカタナとのバトル、燃えますよね!
b0276982_17131488.jpg
次のるみ子編でるみ子(しかもドノーマルのCBX400)にあっさりと首都高最速タイムが破られるのは意味判りませんがww

劇中ではオヤッさんと井田さん以外は誰も知らないキングの正体は、真っ当な読解力のある人なら判っているはず。
学生時代のバイク仲間でも結構判ってない奴がいて驚いたもんですよww
b0276982_16575194.jpg
このコマを見れば明らかですよね!(出典:あいつとララバイ第30巻104ページ)

いや、Z900RSのTeaserが発表されたもんでツイww




[PR]
# by Heuristiks | 2017-09-10 17:16 | Moto other | Comments(1)

諦念

暑い時期はJ-FORCE Ⅳを、

そうでない時はGT-Airを被ってました。
しかし、ボクの部屋にはRed85購入とほぼ同時期に購入したZ-7があります。
事前にフィッティングしていたにも拘らず、どうにも我が歪な頭部には合わず…

あれやこれやと手を尽くしてみたものの…
あれやこれやと努力し、そして暫く我慢して被り続けると馴染んでくるのですが、内装を洗濯すると元の木阿弥…
2年経って諦めました…
決断までに無駄に長い時間を取りましたが…
処分することにします。
無念です…


もし「欲しい!」と思われる方がいらっしゃったらお譲りします。
勿論無料で。遠方の方は送料はご負担ください。
サイズはL、余り被っていないので外装/内装とも綺麗です。
内装は昨日洗いましたので綺麗になっていると思いますが、多少のヤレはあります。
また、ステッカーが貼ってありますが、綺麗にはがせると思います。
製造は2015年8月ですので、まだまだ大丈夫です。
バイザーはクリアに戻します。また、箱は純正のものがありますので、そちらで送付します。

ご希望の方はコメント欄に連絡先(捨てアドでも可)をご記入の上、その旨ご連絡ください。
勿論、コメントは非公開にしていただいても大丈夫です。

ご希望の方がいなければ今月中に粗大ごみとして処分します。




[PR]
# by Heuristiks | 2017-09-10 07:36 | Gears | Comments(0)